2012年01月02日

アサマ2000パーク 2011-12シーズン滑走3日目



 1月2日(月)
 アサマ2000パーク
 2011-12シーズン滑走3日目
 


 朝一番の様子
 20120102 (14).JPG


 20120102 (2).JPG


 20120102 (3).JPG



 今日は、水上宝台樹スキー場を予定していたんですが、冬型が強まって広範囲に雪の予報

 どの方面も雪の予報で、辛うじて曇りマークのアサマ2000パークへ

 
 今朝は早めに5時半くらいに出発、東北道、北関東道、関越道、上信越道を走り継ぐ

 下道で太田まで行くのが常ですが、初めて高速を乗り継いでみました

 やっぱり高速は快適

 思ったより高速に混雑はなく、横川SAで朝食休憩です

 温かい蕎麦をいただく、テーブルもほぼ満席ですが、空席待ちとまではいかない程度でした


 小諸インターを下りて登山道へ

 頂上近くまで青空、好天を期待しましたが頂上に近づくと雪

 今日は妻と子供たちを連れていたので、晴れて欲しかった、せめて曇りであって欲しかったが叶わず

 8時半くらいに着きましたが、駐車場はゲレンデに一番近いエリアに誘導されましたのでビックリです

 やっぱり正月は、皆、志賀や妙高まで足を延ばしてるんでしょうか、もしくは天気と相談して見合わせたのか


 少し様子を見てると青空が広がってきたんですが、やはり雪雲の力は強くあっという間に雲に覆われました

 その後は雪が強まり、風も徐々に強くなって・・・11時くらいには足先がジンジン冷えていたので休憩タイム

 そのまま昼食をいただいて撤収となりました

 ガラス張りのレストハウスからは、吹雪く雪が見えてもう再び滑る気合いはなし、でした


 20120102 (1).JPG


 時々雲が切れて晴れ間も・・・
 20120102 (4).JPG


 20120102 (5).JPG


 20120102 (6).JPG



 今日は天気に恵まれませんでしたが、アサマ2000パークは好きなスキー場のひとつです

 斜面がフラットで滑りやすく、斜度が何パターンかあってレベルに合わせた練習に最適です

 晴れたときの開放感も抜群

 志賀や妙高よりもとても近くアクセスがし易い


 そしてレストハウスがお洒落です、食事も旨い

 レストランですね、クロワッサンなんかあったりして女性陣には好評です


 今日の食事
 20120102 (7).JPG

 
 20120102 (8).JPG


 20120102 (9).JPG


 20120102 (10).JPG


 20120102 (11).JPG



 こんなポスターもありました

 今年もスキー発祥100年のアナウンスはあるみたいですね

 それとスキー普及のため、次世代の若者をスキー場へ勧誘する取り組みですね

 素晴らしい企画だと思う、もっと各世代に拡大してくれると、さらに有り難い


 20120102 (12).JPG


 20120102 (13).JPG


 今日はUターンラッシュも重なって、上信越道と関越道が合流する藤岡JCTは大渋滞かと思いましたが、撤収が早かったせいかスムーズに通過できました

 次の雪山は、いつ、どこにしようか?

 シーズンはこれからですね

 






posted by 雪になあれ at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 上信越道エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月22日

アサマ2000パーク 09−10シーズン滑走9日目

 3月22日(月)
 アサマ2000パーク
 09−10シーズン滑走9日目

 2010032210440000.jpg

 天気予報が良かったので、今シーズン開拓したスキー場へ行ってきました。晴れたときの景色を見てみたいと思っていたので、ようやく実現しました。

 上信越道小諸インターから下道を20kmほど、頂上付近からの佐久小諸界隈の見晴らしは良かった。地図を見るとアサマ2000パークは、浅間山の東側に位置する高峰高原にある。(あってるか?)
 高峰高原の南側に広がる斜面は陽当たりが良くて、積もった雪は解けやすそう、スキー場は高原の峠を越えた北側にある。峠の向こう側は急に雪深くなるような印象です。

 スキー場はコンパクトにまとまっていて、どの斜面もセンターハウスに向かって滑り降りるレイアウト、初級から上級斜面まで用意されていて段階的にスキルを上げていける、練習できる感覚です。
 どの斜面もなだらかで滑りやすそうに見えますが、滑ってみるとなかなか難しい。

 それとこのスキー場は、上級者が多い印象です、ボーダーが少ない特徴もありそう。なんでだろ?よく分かりませんが、滑り手に偏った傾向があるような。

 2010032215400000.jpg

 2010032211080001.jpg

 
 今日も出遅れましたが、高速道路は順調、リフト券を購入したのは9時40分頃でした。昼食休憩をはさんで、3時半頃まで。今日は日差しが強くて半日で日焼けしました。
 日当たりの良い斜面は午前中のうちからシャーベット状態になっていました、午後にはどの斜面も同じようになってスキー場にはもう春でした。

 春と言えば、上信越道沿いの山も鮮やかな花を付けた木が映えてました、すっかり山は春めいているようでした。
 これからのスキー場は春スキーです、あまり日焼けしないように気をつけたいところです。



posted by 雪になあれ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 上信越道エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

アサマ2000パーク 記事追加


 2月13日(土)
 アサマ2000パーク
 09−10シーズン滑走6日目


 2月14日記事に追加


 先週土曜日に行ったアサマ2000パークの写真を追加でアップしました。

 雪と寒さを覚悟のアプローチでしたが、スキー場に向かう道がすでにヒンヤリした感じでゾクゾクでした。

 CIMG5749.JPG

 スキー場に到着したときは、ゲレンデに霧が立ちこめていて、やや躊躇しましたが、霧が晴れてゲレンデにたつと見渡す限り真っ白。
 気温の低さを実感しました、ゲレンデは終日氷点下10度以下でした。

 CIMG5772.JPG

 CIMG5765.JPG

 CIMG5801.JPG

 CIMG5809.JPG


 お昼は、センターハウスの「カフェテリア ラクーン」で。
 洒落たレストランです、あまりの寒さに食事以外に2回ピットインして、ホットコーヒーをいただきました。
 コーヒー350円、せめて250円にして欲しい。希望。

 CIMG5778.JPG

 CIMG5775.JPG


 遅くなるほど、雲が切れて青空がのぞくようになってきました。
 日が差すとゲレンデにいてもホッとします。
 帰り道は綺麗な夕日がのぞいてました。 

 CIMG5820.JPG

 CIMG5821.JPG

 CIMG5825.JPG





posted by 雪になあれ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 上信越道エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

アサマ2000パーク 09−10シーズン滑走6日目



 2月13日(土)
 アサマ2000パーク
 09−10シーズン滑走6日目

 CIMG5776.JPG

 今日は、3週間ぶりの雪山に行ってきました。今シーズンはパターン化してしまった寝坊で、今日もスキー場到着は10時過ぎでした。

 どこに行くか決めずに北関東自動車道に入る、上信越道方面か関越方面か思案してると、出発が遅かったせいか関越道は高崎まで渋滞。8時過ぎくらいだと思うが、関越と北関東道のジャンクションまでつながっていました。
 
 渋滞を見て、迷わず上信越道方面に。志賀高原も考えたが、遠すぎるので、初めてのスキー場、アサマ2000パークにしました。
 実は、アサマに行く前に万座温泉スキー場に向かいましたが、軽井沢渋滞のため、南軽井沢からR18でアサマまで下道で行きました。

 碓井軽井沢インターで高速を降りましたが、先日の雪が相当降ったと見えて一般道は雪道、R18から浅間山を登っていくルートは走りごたえありました。10kmほどの登山道ですが、あそこは4駆でないと苦しいと思う。

 覚悟はしていましたが、スキー場は粉雪がちらつく曇り空、しかもゲレンデは霧に包まれていたので、どうしたものかと暫しレストパークで休んでました。
 霧がやや晴れて視界がややひらけたので、せっかく来たのだし滑ることにしました。

 アサマ2000パークは、ずっと気になっていたスキー場でした。こぢんまりとしたスキー場で、素直な斜面があると想像していましたが、その通りで、斜度が多彩で練習に最適のスキー場でした。

 ステージ3を中心に滑りましたが、素直な斜面なのに自分の能力不足で思うようにターンができない。この界隈は気温が低いこともあってか、アイスバーンのような斜面、うまく板に乗れてないので板が滑って仕方なかった。
 力のなさを実感します、検定も受検したいしもう少し練習する時間を作りたい。


 このスキー場は、晴れたら景色も素晴らしいに違いないのですが、今日はその片鱗くらいを垣間見たような気がします。遅くなるほど視界が良くなって、時折青空がのぞく天候、遠い山肌が日に照らされた時には、樹氷となった樹木がとてもきれいでした。
 次は快晴の時に訪れたいスキー場です。

 11時頃から滑り始め、クローズまで滑りました。このスキー場はとても気温が低く、手足の先がジンジン冷えてくるので、適度に休憩したのであまり疲れもなく滑り終えました。
 帰り支度頃には、幾分青空が広がってきてましたが、駐車場で氷点下8度。ゲレンデの上の方は氷点下10度くらいだったと思う。

 ここは雪に風の時は、どのくらい寒くなるのか恐ろしいです。
 晴れたときに来るようにしないと大変なスキー場ですね、気をつけよう。

 それから、ここはゲレンデに近いところに宿泊施設もある様子、斜面がいいだけに泊で2日間みっちり練習するなんてプランも良さそうです。
 曇っていたけど、とても気に入ったので、自分のレパートリーに加えようと思います。

 CIMG5819.JPG


※とうとうブログのディスク容量が規定値を超えてしまい、写真データのアップロードが出来なくなってしまいました。
 追加申請したので、認められたら改めて写真をアップしようと思います。



posted by 雪になあれ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 上信越道エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

菅平高原スキー場



 2007年2月22日(木)
 信州・菅平高原スキー場

070222010s.jpg

 
菅平高原スキー場データ
 大きく3つのエリアを持つスキー場。
  スキーリゾートHP↓
  http://sugadaira.com/gelande.html
  • 根子岳の斜面に広がるダボスエリア
     緩斜面主体のエリア、根子岳山頂はヘリスキーのスタート地点
  • このスキー場の中心となる太郎山エリア
     太郎山のすべての方向にゲレンデがある、斜度も丁度良い
  • 大松山、つばくろ山の東斜面に広がるパインビークエリア
     オオマツゲレンデ(大松山)の斜面は滑り応えあり、ツバクロゲレンデは滑らず

     太郎山エリアがこのスキー場の中心だと思う、その太郎山エリアとダボスエリアは連絡通路あり。
     パインビークスエリアへは連絡バスがある様子。

     自分は、一番高い所にありそうだったので奥ダボスエリアから入山。

    070222009s.jpg


    070222005s.jpg


    070222006s.jpg

     それから、ここは電子チケット。


    感想
     平日で晴れの好条件、行ったことのないスキー場へ。

     昨夜、地図を見ながら思案してると、菅平高原はアクセスが良さそうに見えたので・・・正解でした。

     上信越道・上田菅平インターから近いうえに、山道らしい山道を通ることもなかった。
     
     菅平高原CCから入り奥ダボスエリアから入山、第1トリプルリフトでこのエリアのトップまで上がると景色に圧倒された。

    070222008s.jpg

    070222002s.jpg

     午前中は太郎山エリアを滑る。
     裏太郎のシーハイルコース(だと思う)を中心に過ごす。

     昼過ぎにダボスエリアに戻り、お昼を食べてパインビークスエリアに(車で)移動しました。

    070222007s.jpg


    ↓太郎山から見えたパインビークス↓
    070222004s.jpg

     電子チケットを持って自分の車でパインビークスへ移動、5分くらいか。
     
     ダボスエリアから見えていた大松山斜面は、思っていたとおり良かった、滑り応えあり。
     ツバクロエリアとは連絡コースで結ばれていたが、行くことを忘れてオオマツエリアをずっと滑る。

     午後は、ホワイトピークコース、チャンピオンコース、グランプリコースを中心に滑ってました。

    070222001s.jpg

     特にホワイトピークコースが素晴らしいと思った、チャンピオンコースはスラローム大会で使用していて滑れたのは夕方からでした。

     富士見コースから続くロングコースでくくりは中級のようだけど、滑り応えは十分。

     ツバクロコースは行かなかったけど、このオオマツゲレンデが菅平高原スキー場で一番いいと思った。

    070222003s.jpg


    070222011s.jpg

     大きな写真でまとめました。
     sugadaira.html

    高速道路
     ETC通勤割引を意識して、乗降するインターを選択。
     往:上信越道・吉井インターIN上田菅平インターOUT
       藤岡インターINで上田菅平まで95.1km(100km以内)
     復:上信越道・佐久インターIN、関越道・花園インターOUT93.8km
     佐久インターまでの下道は混雑必死、東部湯の丸インターまでは下道もスムーズ。

  • posted by 雪になあれ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 上信越道エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    広告


    この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

    以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

    ・記事の投稿、編集をおこなう
    ・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。