2008年03月21日

水上宝台樹スキー場 滑走13日目



 3月21日(金)
 水上宝台樹スキー場
 07−08シーズン滑走13日目

 ファミリーゲレンデ
 080322 004.jpg

 今日は休暇が取れたので、雪山へ行ってきました。
 ホームゲレンデ水上宝台樹スキー場。

 今朝も寝起きが悪く、スタートが遅れてスキー場に着いたのは10時頃、スクールに入ろうと思っていたので午後の部かと思いながらスキー学校に行ってみると・・・1日レッスンを受講できました。

 しかもグループレッスンなのに、受講生は自分だけ、マンツーマンで初スクール体験です。

 SAJ宝台樹スキー学校は、センターハウスの裏手、ちびっ子ゲレンデ前にあります。

 ちびっ子ゲレンデ
 080322 006.jpg

 まずは学校前の第2ペアに乗って、第2東コースへ。
 ここで大回りの滑りを見てもらっただけで、先生はレッスンのメニューを構築したようです。

 指摘のポイントはバランス(ポジション)の悪さ、雪面状況に応じて板を自分で動かさないといけないのに、板を動かせる状態になってない、ターンの切り替え時にもう一息横方向へ・・・

 午前中はファミリーゲレンデで、ずっとポジションの確認でした。
 よっぽどバランスが悪いらしく、肩が上がる癖、板を体の下に置く(外足の上に重心を置く)などなど、もう先生も修正に大変でした。

 午後の部にようやく第9クワッドリフトで頂上へ、成平コースで大回り中回り、幅の狭くなるコース下部で小回り。

 大中回りあたりは誤魔化し誤魔化し滑る、先生も注意しながらも少し褒めてくれたり、ところがどっこい、小回りになると全然駄目、凸凹の吸収は出来ないわ、板はバラバラだわ、転ばないで下りるのが精一杯でした。

 先生から春の雪で悪雪になっているとフォローされる始末、ただ整地された斜面を滑れるのは当たり前、こういう雪(悪雪)の上での練習が重要だということを話されていました。

 コメント付でインストラクターの滑りを目前で見せてもらい、練習メニューも実際に教示され、自分のポジションについて修正をしていただいたことで、これから練習していけそうな気がしています。

 スクール後、先生から明後日23日に宝台樹でのバッジテストがあるから受検してくださいと声をかけられ、心の中で「とんでもございません」って感じでした。

 宝台樹の今シーズン最後のバッジテストです。
 それから今月末30日にプライズテストがあるので、見るだけでも勉強になりますよ、と言われました。

 ただ30日は用事があって、行けない、残念。


 今日は有意義な雪山になった、天気も良くまた日焼けしてしまっった。
 スクール後に頂上に行ってみると、とてもいい眺めでした。

 成平コース頂上から
 080322 021.jpg


posted by 雪になあれ at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 水上宝台樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック