2007年02月23日

菅平高原スキー場



 2007年2月22日(木)
 信州・菅平高原スキー場

070222010s.jpg

 
菅平高原スキー場データ
 大きく3つのエリアを持つスキー場。
  スキーリゾートHP↓
  http://sugadaira.com/gelande.html
  • 根子岳の斜面に広がるダボスエリア
     緩斜面主体のエリア、根子岳山頂はヘリスキーのスタート地点
  • このスキー場の中心となる太郎山エリア
     太郎山のすべての方向にゲレンデがある、斜度も丁度良い
  • 大松山、つばくろ山の東斜面に広がるパインビークエリア
     オオマツゲレンデ(大松山)の斜面は滑り応えあり、ツバクロゲレンデは滑らず

     太郎山エリアがこのスキー場の中心だと思う、その太郎山エリアとダボスエリアは連絡通路あり。
     パインビークスエリアへは連絡バスがある様子。

     自分は、一番高い所にありそうだったので奥ダボスエリアから入山。

    070222009s.jpg


    070222005s.jpg


    070222006s.jpg

     それから、ここは電子チケット。


    感想
     平日で晴れの好条件、行ったことのないスキー場へ。

     昨夜、地図を見ながら思案してると、菅平高原はアクセスが良さそうに見えたので・・・正解でした。

     上信越道・上田菅平インターから近いうえに、山道らしい山道を通ることもなかった。
     
     菅平高原CCから入り奥ダボスエリアから入山、第1トリプルリフトでこのエリアのトップまで上がると景色に圧倒された。

    070222008s.jpg

    070222002s.jpg

     午前中は太郎山エリアを滑る。
     裏太郎のシーハイルコース(だと思う)を中心に過ごす。

     昼過ぎにダボスエリアに戻り、お昼を食べてパインビークスエリアに(車で)移動しました。

    070222007s.jpg


    ↓太郎山から見えたパインビークス↓
    070222004s.jpg

     電子チケットを持って自分の車でパインビークスへ移動、5分くらいか。
     
     ダボスエリアから見えていた大松山斜面は、思っていたとおり良かった、滑り応えあり。
     ツバクロエリアとは連絡コースで結ばれていたが、行くことを忘れてオオマツエリアをずっと滑る。

     午後は、ホワイトピークコース、チャンピオンコース、グランプリコースを中心に滑ってました。

    070222001s.jpg

     特にホワイトピークコースが素晴らしいと思った、チャンピオンコースはスラローム大会で使用していて滑れたのは夕方からでした。

     富士見コースから続くロングコースでくくりは中級のようだけど、滑り応えは十分。

     ツバクロコースは行かなかったけど、このオオマツゲレンデが菅平高原スキー場で一番いいと思った。

    070222003s.jpg


    070222011s.jpg

     大きな写真でまとめました。
     sugadaira.html

    高速道路
     ETC通勤割引を意識して、乗降するインターを選択。
     往:上信越道・吉井インターIN上田菅平インターOUT
       藤岡インターINで上田菅平まで95.1km(100km以内)
     復:上信越道・佐久インターIN、関越道・花園インターOUT93.8km
     佐久インターまでの下道は混雑必死、東部湯の丸インターまでは下道もスムーズ。

  • posted by 雪になあれ at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 上信越道エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/34444341

    この記事へのトラックバック