2007年02月05日

妙高・赤倉観光リゾートスキー場



 2007年2月3日(土)
 赤倉観光リゾートスキー場


070203010.jpg

赤倉温泉スキー場について
 妙高高原、赤倉温泉スキー場を目指す。
 ふたりとも初めての赤倉だったので、旧赤倉と新赤倉の違いが分からなかった。

 結局は新赤倉・赤倉観光リゾートスキー場から入山、すっかり支度してネットから印刷した割引券を堂々とチケット売り場の売り子さんに渡すが、『使えませんよ』の洗礼を受ける。

 旧赤倉(『くまどーエリア』と呼ぶらしい)まで行くには全山共通券が必要、ただゲレンデマップを見て新赤倉エリアで十分と判断したのが正解だったと思う。

 自分たちもアホだったかもしれないが、初めての人には分かりづらい、自分たち以外にも同じ洗礼を受けてる人がいたようです。
  • 旧くまどーエリア・赤倉温泉スキー場
  • 新赤倉・赤倉観光リゾートスキー場
  • 新赤倉観光協会

    感想
     今回は、金曜日のうちに新潟の友人宅へ・・・新潟市内で前泊です。
     新潟市内から妙高高原まで160kmくらいありました。

     新潟市内は曇り空、北陸自動車道では場所によって雪と風、ただ妙高の予報は晴れ・・・果たして、上越JCTから上信越道に入る頃には快晴に。

     新赤倉はどの斜面も適度に距離と斜度があって素晴らしかった。
     天候に恵まれたのでコブ斜面も滑りやすかった。

     上信越道方面の景色は相変わらず綺麗です、関越方面とは樹木の雰囲気が違う。
     大きな写真はコチラ

    ↓上信越道()↓
    070203001.jpg


    070203002.jpg


    ↓ホテルAコース↓
    070203003.jpg


    ↓このリフトまでが新赤倉↓
    070203004.jpg


    ↓ジャンプ台がありました↓
    070203005.jpg


    ↓ホテルAコース中途からの眺望↓
    070203006.jpg


    ↓ホテルメインスロープ↓
    070203007.jpg


    ↓白樺コース↓
    070203008.jpg


    070203009.jpg

     写真を大きく(800×600)してみました。
  • posted by 雪になあれ at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 妙高高原エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    この記事へのコメント
    コメントを書く
    お名前:

    メールアドレス:

    ホームページアドレス:

    コメント:

    認証コード: [必須入力]


    ※画像の中の文字を半角で入力してください。
    この記事へのトラックバックURL
    http://blog.seesaa.jp/tb/32928860

    この記事へのトラックバック