2006年12月06日

かぐら・みつまたは濃霧でした



 2006年12月6日(水)
 かぐら・みつまた


 午後から晴れる予報を信じて、今シーズン初のかぐら行ってきました。
 予報は当たらずとも遠からず・・・でしたか。

↓かぐらゲレンデ(AM)↓
061206001.JPG


061206002.JPG


061206003.JPG

 みつまたゲレンデに着くと濃霧で視界が悪くて、5本くらい滑ってかぐらへ向いました。

 かぐらゴンドラから見えるかぐらメインゲレンデは視界がありそう、3本くらいはクリアでしたが、間もなく霧に包まれて・・・

↓和田小屋からかぐらゲレンデ方面を撮影(13時40分頃)↓
061206101.JPG

 それでも濃霧の中、視界10mくらいか、2時過ぎまで滑りました。
 上の写真の木が見えなくなってました、もうほとんど視界がなかったですね。
 気温は終日氷点下だったと思う、細かい雪が降り続いてました。

 午後が遅くなるほど濃霧の度合いが増してきて、2時半くらいには視界はさらに悪化、これ以上は危険だと思い、レストランかぐらで休憩してみつまたに戻りました。

↓みつまたに戻ると幾らか青空
061206102.JPG


061206103.JPG


061206104.JPG

 ようやく雪面が見えるようになったので、営業終了まで滑りました。
 みつまたはまだ積雪が足りなくて、木の枝が雪面から土筆のように飛び出してました。

 しかも固ぁく凍っていてコンディションはあまり良いとは言えなかったけど、朝9時半から16時15分までみっちり滑ることが出来て満足、しかも最後に見られた景色は最高でした。

↓今日最後の滑走(16時頃)↓
061206203.jpg


061206202.jpg



 今シーズン初の新潟行だったので、積雪状況に興味ありました。
 往きは一般道で向うと、三国トンネル手前から雪、ここ数日降ったと思われる雪が路肩に積もってましたが、車道部分は積雪なしのウエットでした。

 新潟県側は、車道にも雪、今朝は除雪車が出ていたようです。

 帰りは、新潟県側でも路面の雪は融けてウエット、群馬側はドライでした。
 帰りは月夜野から本庄児玉まで関越道を使いましたが、またETCの何かの割引で900円でした、平日の高速は走りやすかった。

↓三国トンネル(往き)↓
061206301.JPG


↓R17新潟県側(往き)↓
061206302.JPG


posted by 雪になあれ at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | かぐらみつまた田代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック