2011年03月06日

斑尾高原スキー場・タングラムスキーサーカス 10−11シーズン滑走4日目



 3月5日(土)
 斑尾高原スキー場・タングラムスキーサーカス
 10−11シーズン滑走4日目


 斑尾高原スキー場

 タングラムスキーサーカス



20110305001.jpg


20110305002.jpg


20110305003.jpg


20110305004.jpg


20110305005.jpg


20110305007.jpg


20110305008.jpg


20110305006.jpg



 土曜日、どの方面に行くか迷った末、晴れマークの上越方面に向かいました

 妙高、斑尾、海が見えると聞いたシャルマン火打、100年前に日本人にスキーの指導が行われた金谷山スキー場など、いろいろ考えながら上信越道を走っていて、結局、斑尾高原に

 行ってみると、これ以上ない青空、木金と降ったのでスキー場はたっぷりの雪、そして雪をかぶった樹木の枝が輝いていました

 風もなく、最高の雪山のコンディションでした


 斑尾高原には、高原スキー場とタングラムスキーサーカスという、ふたつのスキーエリアがあって、斑尾高原スキー場のみ滑走可能なエリアパスとタングラムも含め全山滑走可能なマウンテンパスの2種類のチケットがあります

 このパターンは新参者には正直困惑の種になる、かつて赤倉温泉スキー場と赤倉観光リゾートスキー場でやられたことあるので、ここは全山共通券で


 確か第7駐車場から入った、関東から上信越道を向かうと豊田飯山インターから直ぐです

 帰りは妙高高原インターから新潟市内を目指しましたが、こっちのルートはやや距離があったか

 第7駐車場は無料でした、HPで調べてみると、日帰り客用駐車場は4カ所あって、第7と第8が無料、第1と第2が有料のよう、他は宿泊客になるんでしょう


 結果的に第7駐車場は正解、駐車場からすぐ滑り降りることが出来て、ハイジチケットセンターに

 ハイジってあの童話のハイジのことなんですかね?


 午前中は、中央にあったクワッドリフトが修理していて、メインゲレンデ前のリフトが混雑してました

 斑尾高原の頂上に向かっていくと、リフトから見える、山の斜面を覆う新雪を被った樹木が良く晴れた陽光に照らされてこれ以上ない美しさに、正直感動しましたね

 今更ですが、妙高界隈の景色の良さには脱帽しますね


 タングラムも行ってみました

 タングラムはファミリー、斑尾はガンガン滑るっていう役割ですかね


 いずれも頂上からの眺めも良かった、タングラムだったか、頂上に超上級っていう斜面があって、急斜面コブにドクロマークの看板があって、誰も滑ってない様子でした

 あとでそこも写真撮ったので記事にしようと思う


 この日は午後3時くらいにあがって、ゆっくり新潟市に向かいました

 このくらいの時間であがると体力的にも丁度いい、今シーズンは何回も雪山に来てないけど、2週続けたのでやや膝が傷んできたようです

 土曜日は新潟市内の友人宅に泊めてもらって、今日日曜日は、磐越道から会津方面に向かい、会津界隈を滑ってきたので、また記事にしたい







posted by 雪になあれ at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 斑尾高原スキー場 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189258603

この記事へのトラックバック