2006年05月05日

かぐら・田代 苗場(5月3日)



5月3日(水)
かぐら・田代スキー場 苗場スキー場

 今シーズン2回目のかぐらへ、今回は田代ステーションから入りました。
 高速道路は予測できなかったので、一般道でおよそ3時間15分くらい、順調でした。
 8時20分くらいには田代ステーション駐車場だったから丁度良かった。

 既にかぐら共通券で苗場まで行ける、ということで田代ステーションを選択した次第、かぐらにも苗場にも行きたい。

↓田代レディスコース↓
tasiro002.jpg

 午前中は思ったより気温が低い感じ、前回の丸沼高原よりヒンヤリしてる。

tasiro001.jpg

 まずはかぐらへ向かう、連絡コースは板が滑らないかと心配してたけど、まだ雪も融け始めで思ったより滑る。
 今回はワックス塗ってきたのも効いてるか。

↓かぐらゲレンデ↓
kagura006.jpg

 かぐら行くと結構な人、荒れた斜面にこれだけの人だと危ないですね。

kagura010.jpg


kagura011.jpg



第5ロマンスリフト

 今回は、かぐら第5ロマンスリフトが動いてました。

↓第5ロマンスリフト↓
5romance025.jpg


↓普段見られないアングルの田代湖でした↓
5romance014.jpg

 春にならないと稼動しないリフト、なかなか乗れないので行ってみると、林間エキスパートコースは凄いことになってました。
 自分の能力いっぱいいっぱいでした。

↓林間エキスパートコースからかぐらゲレンデへの連絡コース↓
5romance024.jpg

 ツワモノたちは、その先の雪渓向かってました、凄いですねぇ。

↓プチ雪崩でした、ここ滑る人がいるんだから驚きです↓
5romance026.jpg



苗場スキー場

 普段はほとんど行くことのない苗場、最後に行ってみようとドラゴンドラへ。
 かなり空いててすぐ乗れる、人の流れと逆なのかもしれない。
 苗場に泊で午前中田代方面乗って午後苗場に戻る人が多いのだろう。

naeba036.jpg

 ドラゴンドラ苗場ステーション着くと、斜面はパッチワーク状態、かぐら田代とは雪の融け方の違いを実感。
 苗場では下のほうは運休してるリフトが多い、プリンス第2ゴンドラまで斜面横断しました。
 グリーンになってるとこが多くて少し興醒め。

 筍山頂上へのリフトは運休、残念でした。
 とりあえず行ける一番高いとこまでと、筍平ロマンスリフト。

↓筍山↓
naeba033.jpg


↓山頂駅↓
naeba035.jpg

 苗場は人も少なめ、やはりみんな昼間はかぐら行ってるんですね、夕方苗場戻って、ホテルで寛ぐか、ナイター滑るかなんでしょう。
 自分はすぐ田代エリア戻りました。

 今日は終日快晴だったけど、そんなに気温は上がらなかったようで負荷も少なく滑りやすかった。
 これだと懲りないからまた来たくなるか。

 5月28日までかぐらみつまたエリアは全面営業のアナウンスされてたけど、どうか。
 次回があるか。


posted by 雪になあれ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | かぐらみつまた田代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17416503

この記事へのトラックバック