2010年03月14日

奥志賀高原 09−10シーズン滑走8日目

 3月14日(日)
 奥志賀高原、焼額山
 09−10シーズン滑走8日目

 志賀高原索道協会
 
 志賀高原観光協会

 CIMG5992.JPG

 CIMG5993.JPG

 CIMG5997.JPG

 今日は志賀高原へ行ってきました。泊で誘われたんですが、仕事を休めないので日帰りで合流しました。初めて誘われたチームなので遅れないように昨晩は早く寝たのですが、やっぱり起きられず。
 車が別で良かった、6時半に自宅をスタート、信州中野インターが9時でした。インターを降りてメールすると、泊チームはすでにホテルに到着とのことで、インターから下道30kmなので、先に滑っててもらいました。

 泊チームは高天ケ原からイン、自分が志賀高原に着くと高天ケ原付近は満車状態だったので、焼額山から入山しました。
 久しぶりの志賀高原は見渡す限り快晴、真っ青な空が気持ちいい。

 CIMG5969.JPG

 CIMG5982.JPG

 CIMG5998.JPG

 今日は予報が快晴だったので、たくさんの人が山に来ていました。午前中は焼額山のゴンドラはやや行列、レストランの入りもいいので、奥志賀高原に向かいました。

 シーズン券を所有する強者がいて、志賀高原を知り尽くしたメンバーがいたので助かりました。奥志賀高原は、志賀高原エリアのもっとも奥にあってスキー専用ゲレンデ、一ノ瀬エリア付近が中心だと思われるので、なかなか奥志賀までは来ないのでしょう。

 CIMG6004.JPG

 奥志賀高原のゴンドラを2回乗ってから、レストランで食事。奥志賀高原ホテルのレストランなのか、雰囲気がよくて気分良かったです。
 森の音楽堂とか暖炉のあるラウンジのような一角もあって、普通のスキー場のレストランとは別格の雰囲気でした。

 CIMG5964.JPG

 CIMG5963.JPG

 CIMG5961.JPG

 CIMG5967.JPG

 食事をしてから、スクール開講。今回のメンバーは、指導員資格者とバッジテスト1級取得者に、シーズン中40日滑走しているという猛者・・・自分とは比較にならない実力者ばかりです。

 「谷まわり」について講義と実践、理屈では分かったつもりでも体がついていかない、出来ないなりに新鮮でした。こんなスキーツアーもあるところが楽しかった。
 しばらく奥志賀で稽古をつけてもらい、3時過ぎに泊チームと分かれました。彼らは明日も滑れるとは羨ましい。

 自分はクローズまで奥志賀高原、焼額山で教えてもらった滑り方を反復しましたが、なかなか旨くはいかないもんです。
 今日は終日快晴で最高でした、中腹から下は春スキーのようでしたが、さすがに広大なスキー場で、色んな斜面を楽しむことが出来た。

 夕方見せる志賀高原の景色は、いつも楽しみにしてますが、今日も良かったです。遠い山に霞がかかるような眺めは幻想的。
 パノラマコースからのその眺めに、皆最後の滑りの途中に見納めしていました。

 CIMG6009.JPG

 CIMG6010.JPG

 CIMG6014.JPG

 CIMG6015.JPG


 帰りがけに見た山、とても幻想的でした。 

 CIMG6025.JPG




posted by 雪になあれ at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 志賀高原エリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143645090

この記事へのトラックバック