2009年12月23日

かぐらみつまた田代 09-10シーズン初滑り



 2009年12月23日(水)
 かぐらみつまた田代スキー場
 09−10シーズン 初滑り

 CIMG5068.jpg

 CIMG5091.jpg

 ようやくシーズンイン。かぐらか丸沼か迷った末、高速でアクセスの良いかぐらへ向かいました。実は今朝も寝過ごして出発が7時過ぎ、インターから遠い丸沼ではなくかぐらにしました。
 今日あたりから泊のスキー客で高速大渋滞を覚悟して、北関東自動車道太田インターから乗車、しかし関越道に入っても交通量はさほど多くない状況でいい意味で肩透かしでした。

 水上付近から積雪があって、先週末の雪は相当降った様子がわかりました、関越トンネルを抜けると一面の雪。高速から見えた岩原の斜面にもビッシリと雪が張り付いてました。湯沢界隈ははっきりとオンシーズンになったんですね。

 岩原.jpg

 湯沢インターからみつまたへの道のり.jpg

 ???でしたね、スキー場も混雑なし、平日のようなスキー客の数に拍子抜けでした。年内最後の祝日に、ETC割1000円も年内最後の日のようでした。やっぱり冬休み前の週半ばの単発の休みなので出かけづらいのかも。

 そんなわけで、スタート出遅れの割にみつまた駐車場には9時着、順調すぎます。しかも午前中は快晴、午後から雲が流れてきていましたが概ね晴れていました、風もなく暖かい最高のコンディションでした。

 かぐらみつまた田代は、先週末の大雪でフルオープン。初滑りだったので、みつまたを1回滑ってからかぐらに向かいました。板が新しいので滑走面がよく滑るのと、板の特性なのか恐ろしいスピード感に面くらいました。
 みつまたの斜面での滑りを頭に入れてかぐらを滑りましたが、雪がさらにいいので能力オーバー状態でした。
 それでもメインゲレンデは中腹あたりはアイスバーンになっていましたが、終日気温も低く、滑るとエッジに雪が舞い上がる状態で気分よかったです。
 かぐらのてっぺんまで行くとシーズンインを実感しますね。天気もよくて爽快でした。

 かぐらを1回滑って早い食事をしてから田代まで行ってみました。コース幅の狭い連絡コースはすり鉢状になっていたので、やや雪不足でしょうか、ただ今日は平坦な連絡コースもよく滑って移動は楽でした。

 CIMG5107.jpg

 田代エリアでは、チラチラ視界に入る田代湖は相変わらずきれいでした、まだ凍っていない湖面が、晴れていたので鮮やかでした。

 CIMG5103.jpg

 田代から戻って4時少し前まで。初滑りにしては随分滑った感じ、やはり雪と板がいいから疲れなかったに違いないです。
 3時半過ぎには日がかげってきて、みつまた高速リフトから見える大会バーンが夕日に照らされてきれいでした。大会バーン側のリフトは撤去されたままですが、復旧しないんでしょうか?

 今日最後の斜面は大会バーンの頂上から、そこまで登ってから滑り降りました。この斜面は好きな斜面なのでリフト復活を望みます。

 CIMG5157.jpg

 CIMG5150.jpg

 とりあえずシーズンインを果たしました。今シーズンも楽しく滑れるように!
 年内にもう1回行きたい、正月にはチーム新潟と万座方面に行く予定です。
 

 先日新調した板の感想ですが、間違いなくいいです。乗りやすい。評判のいい板ってこういうものなんですね。ただ自分の器量が追い付かないというのが正直な感想です。板の感触とスピード感に慣れないとですね。

 CIMG5149.jpg
posted by 雪になあれ at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | かぐらみつまた田代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/136400995

この記事へのトラックバック