2006年02月12日

モーグルという競技



 LIVEでこれだけ感動興奮したのも久しぶり、怪我からここまでのフリースタイル魅せてくれるなんて。

 採点方法について異議ありと言いたいが、競技に真剣勝負した4人の選手への非礼になりかねない、また日本選手の活躍を楽しみたいですね。

 しかし、モーグルって競技は面白い、カメラワークも楽しかった。
 選手目線のスタートラインから臨む斜面などは、モーグルの真骨頂でした。

 スタート前の選手の様子がいい、吐く白い息、板をはたく様、ゴーグルを何度も直す仕種、そしてスタートを切る瞬間の躍動感。
 決勝が始まるまではまどろんで危なかったが、競技が始まると一気に眠気が吹き飛んだ。

 世界のトップ20の選手達の滑りには感服ですね。
 上体は常に谷側に真っ直ぐ、膝下だけがモーグルの角度に当たるように動く、体全体で衝撃を吸収、ストックの突きは必要最小限です。

 上村選手の直後に滑った選手だったか、エアの着地が二つともバランス崩してモーグルのトップ乗り上げてるのに要所でストック突きながら体勢立て直してました。

 ホントに凄い世界、観せてもらいました今夜は。

 満足しました、里谷選手の決勝でのフロントフリップ観て、そして上村選手3Dエアは2回も。
 今後の活躍に期待してます、4人とも。

 テレビ局への要望:ワールドカップもテレビ中継して欲しい



posted by 雪になあれ at 04:22| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | トリノオリンピック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13167926

この記事へのトラックバック

モーグル愛子、残念。
Excerpt: 今回のモーグルを観ていて感じたのは、エアリアルではなくタイムなのだと。 華ではなく、なんていうんだろう。・・・結果というか・・・。 あぁこの競技は魅せるものじゃないんだなって。 それが目で観て解って、..
Weblog: Happy Style!!
Tracked: 2006-02-12 13:51