2005年12月31日

12月30日、かぐらみつまた田代へ



12月30日(金)
かぐら・みつまた・田代


123001.JPG


 今シーズン初の1泊でのスキー、12月30日から大晦日にかけてのツアーです。
 30日は、みつまたから入ってかぐら、そして田代も滑りました。
 貝掛温泉に泊まって、大晦日は帰り道に群馬スキー場へ行く予定。

 みつまたへのアプローチは、伊勢崎インターから北関東自動車道に入り、こちらも今シーズン初の高速利用で湯沢インターへ、R17でのみつまたまでの道のり、あまりのの多さに驚き。

 
123004.JPG


 12月にこれだけの積雪は珍しい、除したの壁は3mくらいあったか、そんでまた道幅も狭くなってました。

 雪の影響で停電になるのも分かる気がする、ただ湯沢あたりは東京電力管内ということで停電はなかったとか。


 6時半に今回メンバー宅(群馬県邑楽町)に集合、高速の渋滞情報もあったが、思ったよりすんなり湯沢へ、8時半くらいにみつまた駐車場に着きましたが、駐車場中央の売店前くらいに停められました。30日はまだ空いてるのか。


123002.JPG


 ロープウェイでみつまた山頂駅着くと、快晴で気持ちよかった、みつまたゲレンデが陽に照らされて氷の破片がキラキラ光ってました。かぐらはこの時、氷点下12度の表示。

 今回は、♂3人でのツアー、みつまた2本滑ったら、寒いからラーメン食おう、の意見。
さすがに早いと言うことで、一気に田代まで行ってみようということになりリフト乗り継いで田代エリアへ。


123007.JPG


 晴れているのに気温も低く、ワックスなんて塗り直さなかったが平坦な連絡通路も難なく滑る、田代エリアの絶景と広々とした斜面に気持ちよく滑りました。

 田代湖も青空も申し分ない絶景、こんな天気で滑れるなんて贅沢でした。

 みつまたへ戻って、かぐらゴンドラ下のみつまたラーメンコーナーで、ラーメンセット。
 丁度お昼時でしたが、こちらもすんなり着席して食べられました。


123005.JPG


 午後は曇り始め、が舞い始めました、これで夜通し降ってまた積があるんでしょう、案の定、翌朝は車のかきで始まりました。

 やはりこのスキー場はスケールが大きい、田代までの連絡通路も滑りがいがありますね。
 連れの2人とも仕事明けで疲れ気味、「ゆっくり滑るから」とか言いながら、速い速い。
 「あんたら言ってることと違うよ」って感じです。

 そんなことで3時半くらいで初日は店じまい、本日のお宿「貝掛温泉」に向かいました。



↓12月30日、かぐらみつまた田代↓
123009.JPG

123008.JPG

123006.JPG

123003.JPG



posted by 雪になあれ at 22:41| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | かぐらみつまた田代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック